知っておきたい馬刺しの名産地とその地域の特徴

馬刺しの名産地は色々ありますがその地域にはどのような特徴が見られるのでしょうか?
どのような場所の馬刺しが人気あるのかもご紹介しましょう。

 

 

日本全国の馬刺しの名産地について

 

知っている方はもしかしたら少ないかもしれませんが、馬刺しの名産地は日本各地にあります。
その中でも一番有名なのが九州の熊本でしょう。
九州熊本には阿蘇山地があり、自然豊かな環境で食用の馬がのびのびと育ちとても質の良い馬肉が生産されています。

 

熊本初めて馬刺しを食べたという人も多いでしょう。
熊本では西南戦争の際食べられたことがきっかけで馬刺しが普及したと言われています。

 

次に馬刺しが有名なのが長野県です。
長野県も自然豊かで馬の名産地として昔から馬肉食の習慣があり馬刺しの文化が根付いたと言われています。
長野の馬刺しは霜降りではなく赤身で柔らかいという特徴がありおろしにんにくしょうゆで食べるのです。

 

他にも福島県、青森県で馬刺しが多く食べられています。

 

名産地の特徴と馬刺しの違い

 

馬刺しの名産地は、馬の名産地と同じ地域と言っても過言ではありません。
良い馬が育つ環境の所にはおいしい馬刺しがあるのです。
青森県の五戸町は馬の名産地で戦後馬肉が奨励され馬料理が盛んに食べられるようになりました。
長野県伊那市も元々は農耕に馬が活躍していた地域でしたが馬刺しやモツ煮込みが郷土料理になっています。

 

熊本県熊本市も多くの郷土料理の店で馬刺しが通常メニューに加わっていてスーパーでも普通に販売されているのです。
それぞれの地域で馬刺しに特徴があります。
熊本の馬刺しは脂肪が多い物が高級品とされていますが長野では赤身馬刺しが美味しいと言われます。

 

福島県会津の馬刺しも有名ですが脂はほとんどなく赤身でヒレが柔らかく人気です。
それぞれ名産地で馬刺しの特徴が違うので通販などで取り寄せて食べ比べてみるのも良いかもしれません。

 

馬刺しは皆同じと思っている人もいるかもしれませんが九州と東北の馬刺しでは全く特徴が違います。
味も食べ方も若干違うので馬刺し好きなら全国の馬刺しを制覇してみるのも良いでしょう。

主な人気の馬刺しの馬の部位や種類には何があるの?

馬刺しを通販で購入する時は、部位によって人気があったり価格が違います。
上手に通販で馬刺しを買うコツにもなりますので部位を知っておいた方が良いです。

 

 

馬刺しの人気部位を購入してみよう

 

馬刺しを購入する時、せっかくならおいしい部位を食べたいと思う方も多いでしょう。
人気の馬刺しの部位はどうしてもそうでない所と比べると価格的に高くなる傾向があります。
しかし、人気があるという事はおいしいし選ばれているという事ですからそういう部位が良いのです。

 

一番、馬刺しで人気が高いのがロースです。
馬のロースは赤みに霜降りのものが多く、馬刺しで食べるには最高です。
馬刺しで人気の部位にはたてがみもあります。
甘くて噛みごたえがあり、良いたてがみはとろけるようでおいしいでしょう。
馬の前足のわき近くにあるブリスケと呼ばれる部位も馬刺しではコリコリとして評判です。
他にもヒレ、フタゴエは馬刺しで選ぶには良い部位になります。

 

馬刺しの部位と食べ方について

 

馬刺しは、もちろん生のままで食べるのが一番おいしいのですがしょうゆで食べるほか工夫もできます。
ロースやヒレなどの部位ならば、サラダに小さくして入れたり、ユッケにしても良いでしょう。
馬刺しの量が多くて生だけで食べるのではなく様々な食べ方があります。
例えば馬刺しでおいしい馬のロースはしゃぶしゃぶで食べてもヒレ肉はステーキとして食べてもおいしいです。

 

ネック部分なら煮込み料理に向いていますし馬のばら肉は脂が多く焼き肉に適しています。
通販で馬刺しを購入すると色々な部位が入っている事が多いです。
ある馬刺しのセットでは、ロースの霜降り、ヒレ、フタエゴ、ハツ、たてがみが入っていました。
たてがみは馬刺しで食べるのが一押しですが、他の部位は焼いたり火を通してもおいしくいただけます。

 

通販の馬刺しは生だけではなく色々食べ方が楽しめるのです。
馬刺しは部位によって歯ごたえが違ったり味も色々でバラエティーに富んでいます。
セットの馬刺しだと色々な部位が入っているものが多いので初めての購入でも良いでしょう。

ちょっと気になる馬刺し通販の安全性について

馬刺しを食べたことがある人はそのおいしさに驚くこともありますが安全性はどうなんでしょうか?
馬刺しが生でどうして食べられるのか?本当に大丈夫なのか?考えてみましょう。

 

 

馬刺しって安全性は本当に大丈夫なのか?

 

馬刺しを食べたことが無い方は、生で食べること自体に抵抗を感じるかもしれません。
安全性は本当に大丈夫なのか疑心暗鬼になっていることもあるでしょう。
牛や豚では食中毒などのニュースが多い為心配になる気持ちも判りますが馬に関しては安全性が高いといえます。
ただ、よく見ないと国産ではなく外国産もありますので、あまりにも安いものは注意した方が良いのです。

 

馬刺しは、国内の馬刺し専門店で購入することにより更に安全性が上がるでしょう。
最高水準の衛生基準で加工処理をしている馬刺し専門店もありますのでそちらの通販で購入すると良いでしょう。
まず衛生的な環境で加工されているかどうかを購入前に確認した方が良いです。

 

生で食べられる?馬刺しの理由について

 

お肉を生で食べるという習慣が日本人には元々無かったですし狂牛病などで馬刺しを食べるのも心配な人がいるでしょう。
以前、ユッケなどで食中毒があったためお肉を生で食べることに神経質になっている人もいます。

 

しかし、馬に関しては鮮度が悪くなければ食中毒が起こる可能性自体低いと考えて良いのです。
馬は牛などに比べるとO157などの細菌にも感染しにくいですし豚肉の様に火を通さないと食べられないという事もありません。
馬は牛の様に胃がたくさんあるわけではないのでリスクが細菌感染などのリスクが低いと言われています。

 

厚生労働省の検査でも腸管出血性大腸菌は10年以上見つかってないです。
また、馬自体、豚や牛より体温が高い為細菌などに感染しにくい為馬刺しなどでも食べることが可能になっています。
馬刺しは、安全性もですが鮮度が良くないとおいしくありません。
おいしい馬刺しを食べるなら通販で国内専門店から直接購入した方が安心安全です。

店で食べるのと変わらない?馬刺し通販の味は一般的にどう?

通販の馬刺しだとやっぱりお店で食べるのとは違うのではないか?と思ってしまいます。
馬刺しは通販で買うとお店の味に劣るのでしょうか?

 

 

お店と通販の馬刺しとの味の違いは?

 

馬刺しが出るお店で食べたことがある人は、通販で購入してもおいしくないのでは?という人もいます。
例えば熊本や長野の馬刺し専門のお店で馬刺しを食べるのと東京の通販で食べるのは若干味の違いがあるかもしれません。

 

しかし、東京のお店で出されている馬刺しと通販で購入した馬刺しとではたいして味の違いが無い事も多いのです。
なぜなら、東京のお店で馬刺しを購入しても通販でお客さんが購入しても配達日数などはあまり変わらないからでしょう。
馬刺しは何といっても鮮度が重要です。

 

馬刺しは鮮度が落ちると味が落ちてしまいますので加工してすぐに食べるのが一番になります。
でも、産地以外は難しいですが産地の馬刺し専門店から通販などで購入すればお店で出されるレベルのものは食べられるのです。

 

馬刺しと一緒に有機野菜を通販で注文するのもいいでしょう。
やっぱり安全な野菜もしっかり摂りたいですからね。
有機野菜も今や通販で買うことができます。
注文してみてください。

 

通販の馬刺しはどこのものでもおいしいのか?

 

現在、ネット通販を中心に馬刺しがたくさん販売されています。
特に贈答用の馬刺しなどは高級品で1万円を超えるようなものもたくさんあるのです。
でも、このような馬刺しはおいしいのだろうか?と思われる方もいるでしょう。
ネット通販で販売されている馬刺しもピンからキリまであり、安い物だと外国産のものも見られます。
馬刺しに関しては、やっぱりおいしいのは国内産、しかも馬刺し専門店で加工も行っている所がおすすめです。

 

どうしてかというと、圧倒的に加工してから自宅に届くまで短いからです。
馬刺しは、日が経つと色も変わり味が落ちます。
通販でもおいしい馬刺しは加工してすぐのものですので何日で届くのか注意して購入しましょう。
誰だって馬刺しを食べるならおいしい物を食べたいはずですので通販でも購入先をきちんと把握してください。
鮮度さえクリアできればお店よりもおいしい馬刺しを食べられることも通販では多いのです。